HOMEへ戻る
参議院議員藤井基之からのメッセージ
参議院議員藤井基之のプロフィール
参議院議員藤井基之の政策
会長挨拶
会長挨拶  
会長挨拶
もとゆき会の活動報告
広報資料
もとゆきライブラリー>藤井もとゆきご挨拶

第33号(平成29年8月号)

国会会期末を迎えて

第193回通常国会(常会)は、平成29年1月20日に開会され予定通り150日間の6月18日に会期末を迎えることとなりました。

昨年9月より沖縄・北方問題に関する特別委員会委員長という役職を拝命し、6月には72年目となる平成二十九年沖縄全戦没者追悼式に参議院沖北特別委員会委員長として参列させていただきました。また今年1月の極寒時期に沖北特別委員会道東視察として北海道から北方領土を視察しておりましたが、7月には北方四島交流訪問事業に参加する機会を得て、国後・択捉島の両島を訪問しましたが、改めて「四島は日本の固有の領土」の感を強くしました。

また他には、厚生労働委員会委員として、決算委員会委員として合計4回、今国会において国会質問に立たせていただきました。

4月4日の厚生労働委員会におきましては、昨年の調剤報酬改定「かかりつけ薬剤師・薬局」の評価及び、病院敷地内への保険調剤薬局誘致問題、産業政策と薬価改定問題、ハーボニー配合錠の偽造品問題、薬物乱用問題について質問を行いました。

また4月24日の決算委員会では、医療提供体制(医療専門職の労働環境、女性の進出等)、薬物問題(カナダ、米国等海外の大麻娯楽目的使用の合法化動向等)、偽造医薬品問題の3点に絞り質問を行いました。

このように医薬品・医療体制に関連した安心・安全につきましては、医薬品の専門家である薬剤師の関与が極めて重要であり、大きな役割を果たすことへの期待が高まってきております。これらのことから機会をとらえて薬剤師の役割の重要性や医療提供体制の整備・充実に努めておりますが、現在のところ参議院における薬剤師議員は私以外おらず、限界もあります。次の参議院選挙は2年後ですが、薬剤師資格を持った国会議員が一人でも多く誕生し、それらの方々と連携し臨める体制づくりができることを期待しております。