HOMEへ戻る
参議院議員藤井基之からのメッセージ
参議院議員藤井基之のプロフィール
参議院議員藤井基之の政策
会長挨拶
会長挨拶  
会長挨拶
もとゆき会の活動報告
広報資料
もとゆきライブラリー>藤井もとゆきご挨拶

第45号(令和3年8月号)

骨太の方針2021

新型コロナウイルス感染症の拡大は収まる兆しが見えず、さらなる拡大傾向にありますが、皆様お元気でお過ごしのことと存じます。

東京では七月十二日より4回目の緊急事態宣言が発出され八月二十二日までの期限となっておりますが、どう変化するか予断を許さない状況です。

このような状況下で、七月二十三日より一年延期となりました東京オリンピック2020が無観客を前提に開催されました。日本選手の活躍を期待し、観戦を心待ちにしていた人たちにとっては、大変残念な大会となっておりますが、連日のメダルラッシュには驚かされており、テレビ画面を通じて勇気と感動を与えてくれております。

この六月には「経済財政運営と改革の基本方針2021(骨太方針2021)」が閣議決定されました。日本を取り巻く環境変化を捉え、構造改革を戦略的に進め、ポストコロナの持続的な成長基盤を作ることを前提に、感染症の克服と経済の好循環と成長を生み出す4つの原動力、すなわち脱炭素化に向けたグリーン社会の実現、デジタル化の加速、活力ある地方創りおよび少子化の克服を掲げております。

新型コロナウイルス感染症対策としては、医療提供体制の強化、ワクチン接種への取組としては、希望する高齢者への接種を本年七月末までに完了、更に希望する全ての方々への接種を十月から十一月までに終了させることを目指しております。

また国産の治療薬・ワクチンの研究開発体制及び生産体制の強化を掲げており、安全性や有効性の適切な評価を早急かつ確実に実行するための法的措置を検討することが示唆されております。

これらの基本方針を踏まえ経済あっての財政の考えの下、デフレ脱却・経済再生に全力で取り組んでゆかねばならないと考えております。