HOMEへ戻る
参議院議員藤井基之からのメッセージ
参議院議員藤井基之のプロフィール
参議院議員藤井基之の政策
会長挨拶
会長挨拶  
会長挨拶
もとゆき会の活動報告
広報資料
もとゆきライブラリー>かわら版コラム

第30号(平成28年9月号)

「もとゆき会」会員の皆様へ

もとゆき会会長 市川和孝

去る七月十日夜、開票を伝えるアナウンサーの声を聞きながら、比例区なので全国の集計が進むにはかなりの時間を要するだろうと早めに仮眠を始め、翌朝午前二時過ぎに起きてテレビの前で結果を待ちました。未明に当確の報が伝えられた時は思わず大声で画面に向かって「ヤッター」。間をおかず友人からも電話で同じ情報を伝えてきました。藤井先生はもとより事務所関係者の喝さいの様子が想像された瞬間です。

改めて藤井先生ご当選まことにおめでとうございます。もとゆき会会員の一人としてこんなにうれしいことはありません。会員の皆様はこの六年間ずっと先生の政治活動を支援され、そしてこの度の選挙でも一丸となって支援者拡大の活動を進めてこられましたのでその喜びは全会員が同じくされていることと思います。会員一人一人の力が見事に重なり合ってこの素晴らしい結果がもたらされたことに改めて感謝し、会の世話役として心より御礼申し上げます。

ご承知のとおり、先生はこれまでに参議院原子力問題特別委員長、文部科学副大臣、自民党政務調査会副会長など党や内閣の要職を歴任されてきましたが、この度の選挙後の新体制でも参議院政策審議会筆頭副会長、党政調副会長という責任の重い職に就かれたほか、私達にもっとも身近な厚生労働委員会の委員としても活躍されることになっています。

国や新聞社が折に触れて発表する政府の政策に対する世論調査結果をみると国民の関心事は常に医療、福祉問題がそのトップになっています。日々の暮らしに直結することですから当然のことでもあります。いつの時代も政治家にとって楽な時というのはないでしょうが、高齢化という社会構造の変化がどんどん進む中で国民の最関心事である医療や福祉をこれからどのように維持向上させるのか、またそれを支える経済をどのように発展させていくのか、実にさまざまな課題が目に見えて迫ってきています。

先生にはこれらの困難な課題に正面から取り組んでいただき、私達が安心して暮らせるようにご尽力いただくことを心から期待したいと思います。また、併せて医薬品、医療機器、科学機器、化粧品など会員の皆様に関係が深い業界の発展のために国として科学技術政策の充実、とりわけライフサイエンス先端研究の振興に一層の注力をお願いしたいと思います。

同時に会員の皆様におかれましてもこれからの新たな六年間、引続き先生の政治活動をしっかりご支援下さいますようお願い申し上げます。