HOMEへ戻る
参議院議員藤井基之からのメッセージ
参議院議員藤井基之のプロフィール
参議院議員藤井基之の政策
会長挨拶
会長挨拶  
会長挨拶
もとゆき会の活動報告
広報資料

藤井もとゆき国会日記>平成27年4月

平成27年4月2日(木)

15時より日本科学未来館を視察。

ここ数年訪問者数が急増している東京・台場の「JST・日本科学未来館」にお邪魔しました。館長の毛利宇宙飛行士他から説明を受け、展示館及び研究棟へ。将来を見通す新科学等を、分かりやすい展示、デモストレーション、そしてコーディネーターの説明などで。・・・来訪者数の増加が納得できます。コンピューター制御による音楽と絵画が一体となった新アートや、新たなアイデア一杯の子供用プレイスポット「未来の遊園地」、ロボット「ASIMO」の実演、体重移動だけで動く新しい乗り物(?)「動く椅子」なども。一度足を向けてみるだけの価値がありますよ。

JST・日本科学未来館

平成27年4月8日(水)

11時より第44回「日本産業技術大賞」の贈呈式に出席。

総理大臣賞はトヨタ自動車の水素自動車「ミライ」、文部科学大臣賞は小野薬品のがん免疫療法薬「オプジーボ」です。「ミライ」はご存知の方も多いと思いますが、「オプジーボ」に対する期待も大きいものがあります。このメカニズムはがん細胞の免疫機能抑制を制御するというもので、今後各種がん治療を飛躍的に向上させるものとの期待が高い画期的新薬です。日本発の基礎研究を日本企業が世界に先駆けて製品化しました。このパターンが続くことは、間違いなく日本産業を強くします。これぞアベノミクス!

第44回「日本産業技術大賞」の贈呈式

平成27年4月9日(木)

16時より本会議、平成27年度一般会計予算案、特別会計予算案、政府関係機関予算案の3法案が、可決成立しました。

平成27年4月20日(月)

茨城県東海村にある原子力研究開発機構那珂研究所の視察

重水素を主原料とし、環境影響の極めて少ない夢のエネルギー・核融合炉開発に資する「JT−60SAの欧州による主要機器搬入及び現地組み立て作業開始並びに真空容器の初期組み立て完了を披露する式典」で祝辞を述べました。欧州外交団をはじめ欧州・国内関係者も多数参加し、盛会でした。また研究所の見学会も用意され、国際協力プロジェクト「ITER計画」、「BA活動」における日本科学技術等の貢献が頼もしく感じられました。今後の更なる研究成果に対しても期待大です・・・。