HOMEへ戻る
参議院議員藤井基之からのメッセージ
参議院議員藤井基之のプロフィール
参議院議員藤井基之の政策
会長挨拶
会長挨拶  
会長挨拶
もとゆき会の活動報告
広報資料
藤井もとゆき国会日記>令和2年7月

令和2年7月2日(木)

10時より国会閉会中の審査として厚生労働委員会が開催されました。

新型コロナ対策に関して調査するための厚労委員会が開催され、質問に立ちました。慰労金の対象として薬局の従事者が含まれていないとの厚労省のこれまでの答弁を引用しつつ、在宅患者への対応など薬局薬剤師の業務が対人に拡大していることについて加藤厚生労働大臣の感想を求めました。また、新型コロナウイルスの抗体検査薬について、薬機法による承認がなされていない試薬が使用されている問題について、厚労省の考えを質しました。

令和2年7月2日(木)国会閉会中の審査として厚生労働委員会が開催されました。

令和2年7月21日(水)

9時より新型コロナウイルス関連肺炎対策本部。
15時より自民党本部ガバナンス小委員会。

国会は閉幕したものの、新型コロナウイルス感染症対策の検討が続きます。9時より新型コロナウイルス関連肺炎対策本部。検討テーマは直近の患者発生状況等とGO TOキャンペーン問題。後者については政策決定プロセス及び広報について厳しい意見が出されました。要は、政策が国民に正しく理解され納得されなければいけないということです。15時からは自民党本部ガバナンス小委員会。第2波の襲来の前に、ガバナンス面からみての、これまでの検証と今後の対応策の検討です。本部司令塔機能の構築、国と地方との役割分担等の見直し、リアルタイムでの情報集積等々です。